ヒゲ脱毛で5歳若返り!?

ヒゲ脱毛で5歳若返り!?

友人がヒゲ脱毛をして若く見られるようになったことを自慢していました。

 

たしかに以前より若く見えるような気もしますが、老け顔や童顔など顔の種類にも個人差もあるので、うらやましいと思う半面、一概にはいえないのでは?とも思ってしまいます。

ヒゲは老け顔の要因の1つ

ヒゲは、人の顔を老けさせる要因の1つでもあったのです。

 

大人の男=ヒゲというイメージがあり、思春期頃に自分もヒゲが生え始めた頃 一気に大人っぽい印象になったのを思い出しました。

 

老け顔とポジティブに言い換えると大人っぽいということになりますし、無精ヒゲを生やしていると実年齢よりも老けて見えるので、やはりヒゲが老け顔の要因になっていることは間違いなさそう・・・

ヒゲを剃れば老け顔解消?

単純に考えれば、ヒゲをなくす=剃ってしまえば解消デキると思ってしまいます。

 

しかし、ヒゲが濃いという問題はそれだけでは解消できません。ヒゲを剃ると青ひげとして残ってしまうからです・・・

 

この青ひげも老け顔に見せてしまいます。

 

また、毎日のヒゲ剃りによって、肌が傷ついて肌荒れしてしまっている人も多いです。
肌荒れしていると、肌のツヤもなくなり清潔感がない印象を与え、老けて見えることもあります。

根本的に老け顔を解消するならヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛で、ヒゲを完全排除してしまえば青ひげもなくなり、毎日のヒゲ剃りの必要もなくなり、肌もツルツルで清潔感が蘇ります!!

 

とはいえ、ヒゲ脱毛を始めてもすぐに生えてこなくなるわけではありません。
定期的に通い続けることが必要です。

 

ヒゲ脱毛の方法によって期間も違いますが、早くて1年、長くて3年程度かかると思っておくといいかもしれません。

ヒゲ脱毛の方法の特長

ヒゲ脱毛の施術方法は、光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル(針)脱毛の3種類があるようです。

 

光脱毛の特長は、脱毛時の痛みが少なく費用もリーズナブルで誰でも始めやすい脱毛。
光脱毛は毛周期に合わせて行い、成長期の毛に対して光を照射することで、毛の再生力を弱らせ、発毛を阻害することで、減毛効果が期待できる方法です。

 

医療レーザー脱毛は、光脱毛よりも波長の強いエネルギーの光を照射します。レーザー光を扱うことができるのは医師が在籍しているクリニックのみでしか行なえません。

 

黒く太い毛によく反応し、痛みを強く感じますが「永久脱毛」なので、施術期間が終われば生えてくることはほとんどありません。

 

ニードル脱毛(針脱毛)は、毛穴1つ1つに電気針をさし、毛根に弱い電流を流して毛を抜く方法。
完全永久脱毛と認められている方法です。

 

ニードル脱毛は、毛穴1つ1つに施術指定国で時間もかかること、痛みが強く感じることがデメリットですが、1度施術した箇所からは生えてこないです。

 

ニードル脱毛も、エステサロンや脱毛サロンで扱えない「絶縁針」での脱毛と、一般的に美容電気脱毛をして行われるニードル脱毛があります。

 

絶縁針脱毛は、取り扱い者に医師または看護師の免許が必要とされているので、医療機関のみでの施術になります。

どの方法が自分に合っている?

ヒゲ脱毛には大きく分けて3種類の方法があることが分かりました。

 

実際に自分はどの方法がいいのかまだよくわかりませんが、とにかくヒゲが老け顔を誘引するということだけは分かったので、僕もヒゲ脱毛で若返りを図りたいと思います!